メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・名古屋市立大,愛知大

USJのV字回復について発表 中部経済学インターゼミで

中部経済学インターゼミで発表する名古屋市立大学生

[PR]

 中部の大学のゼミで経済学を学ぶ3年生を中心にした学生らが研究成果を発表する「中部経済学インターゼミ」が12月8日、名古屋市立大学などで開かれた。8大学の26ゼミの250人以上が9会場に分かれ、計66テーマを発表。同大からは経済学部・森田雄一教授のゼミが「決算公告から考える合同会社USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のV字回復について」と題して発表した。

 経済学を学ぶ学生同士の交流を深めようと2008年から始められ、参加大学が持ち回りで会場を提供して年に1回、開催している。今回参加したのは、同大のほか▽愛知大学▽愛知学院大学▽中京大学▽富山大学▽名古屋大学▽名古屋学院大学▽南山大学。各ゼミはそれぞれ研究テーマを決め、昨年4月から準備を進めてきた。「日本食の海外普及~緑茶輸出拡大を目指して~」から「大震災による経済への影響」まで、テーマは多岐にわたった。

 森田ゼミは、USJが上場廃止したことによって決算資料が十分にそろわない中、官報経由で丹念に資料を収集し、USJの業績回復の要因を検討。「銀行やファンドを中心として設立した新会社が旧USJの受け皿となって非上場化を実現したことと、ターゲット層の拡張が重要だった」とまとめた。従来のUSJに関する研究では取られてこなかった極めて独創的なアプローチで、発表を聞いた教員からも高い評価を受けた。

 名古屋市立大3年生の八亀有紗さんは「他大学の研究内容を垣間見られ、研究の進め方などについて良い刺激を受けた」と話していた。

名古屋市立大

公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
電 話:052-853-8328

愛知大

公式HP:http://www.aichi-u.ac.jp/
所在地:〒461-8641 名古屋市東区筒井2-10-31
電 話:052-937-6762

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです