メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋学園大

働き方改革は機能するか 総務省行政評価局職員らと討論

グループディスカッションする学生と総務省行政評価局の職員ら

[PR]

代表者討論で発言する学生
ディスカッション後に記念撮影する学生と総務省行政評価局の職員ら

 東洋学園大は昨年12月19日、総務省行政評価局総務課長の箕浦龍一氏と同省の20代職員7人を招き、同大現代経営学部のプロジェクトマネジメント(本庄加代子准教授)を履修する有志の学生14人と「働き方改革」をテーマにディスカッションを行った。それぞれの職業人生に大きく関係する今回の施策に対して、若手職員と学生の間で白熱した討議が交わされた。

     今回の企画は、昨年7月に本庄ゼミ生らが総務省を訪問し、同省の箕浦氏と懇談したことがきっかけ。学生らは「働き方改革」を前向きに捉えながらも「働き方改革は、もしかすると自己管理やマルチタスクが得意な“強者”の論理の一面があるかもしれない」といった疑問を呈した。このような学生の問いに対して、年齢の近い同省職員と議論することで、新たな気づきと成長機会を得るために計画された。

     ディスカッションでは「働き方改革は機能するか」というテーマのもと、「機能する派」と「機能しない派」に分かれて討論。長時間労働改善や正規社員と非正規社員の格差是正、在宅勤務など多様な働き方について議論が交わされた。

     総務省職員らは「これから就業する学生の視点から考え直すことができたのは大きな収穫だった」「率直な意見を怖がらずにぶつけていく学生の姿勢がすばらしく、刺激的だった」などの感想を述べていた。

     参加した学生からは「働き方改革の背景に生活の質(QOL)の考え方の違いがあることがわかった」「働くことは生きることの一部で、自由な形があって良いと思った」などの意見が聞かれた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

    3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

    4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

    5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです