メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立教大

青春バイブル、再考 文学部のゼミ生が意見交わす

「ライ麦畑でつかまえて」の原書を読む立教大文学部のゼミ

[PR]

 「主人公は、相手のことや周囲のことを考えすぎた結果、自分から距離を置いてしまう。でも、孤独にはなりたくない。私も考え込んでしまう方なので、気持ちがわかる、と思いながら読みました」。東京・池袋の立教大文学部のゼミで、学生たちが原書を手に意見を交わした。

     ここで取り上げられているのは、米国の小説家、サリンジャーの「キャッチャー・イン・ザ・ライ」。日本でも「ライ麦畑でつかまえて」のタイトルで青春小説の代表格として長く読み継がれてきた。日本での初訳は約70年前だが、2003年の村上春樹さんによる新訳の刊行も出版界の話題になった。

     サリンジャーの生誕から今月で100年。あす公開される伝記映画では、戦争の時代にデビューし、自身も過酷な戦場体験に苦しんだ作家の姿が繰り返し描写されている。戦争と死、喪失が重い影を落としている作品を改めて読んでみた。【井田純】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

    2. 千葉停電1週間なお7万戸 住宅被害3600棟超、全容つかめず 17日は暑さ注意

    3. 台風通過後、「陸の孤島」となった成田空港に響く歌声 足止めのスロバキア合唱団

    4. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

    5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです