メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京農業大

農大稲花小、来春開校 東京・世田谷で記念式典

谷川俊太郎さん(前列左)らを招いて開かれた記念式典

 4月に東京都世田谷区桜に開校する農大稲花(とうか)小学校の記念式典が昨年12月22日、同校で開かれた。学校法人東京農業大学(大澤貫寿理事長)が設立した。23区内の私立小の新設は59年ぶり。

     式典には関係者ら約250人が出席。校長に就任する夏秋啓子・東京農大副学長は「冒険心の育成を教育理念とし、子供たちに花が咲いて実るように、成長を支えていきたい」と述べた。詩人の谷川俊太郎さんが作詞、息子の賢作さんが作曲した校歌も披露された。「わたしたちはいきている このほしのだいちのうえに」と、農大一高・一中の合唱部の生徒たちが斉唱し開校を祝った。

     同法人によると、稲花小は男女共学で学年定員72人。来春入学者の入試は既に終了し、倍率は約11倍だった。1年から英語の授業を実施し、農業などの体験学習を重視。中・高・大学と連携して実践的な教育を進める。【重長聡】

    東京農業大

    公式HP:http://www.nodai.ac.jp
    所在地:〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
    電 話:03-5477-2226

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
    2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
    3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
    4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
    5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです