特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

大学倶楽部・千葉大

環境ISO学生委員会の学生がオフィスエコについて講演 企業関係者に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
企業関係者に環境ISO学生委員会の学生3人が講演をした環境ゼミナール 拡大
企業関係者に環境ISO学生委員会の学生3人が講演をした環境ゼミナール

 千葉大学と京葉銀行(本店・千葉市)が共同で取り組む「ecoプロジェクト」の一環として、「千葉大生とともに考える 企業のための環境ゼミナール」が1月11日に同銀行本店で開催され、地元企業など23社から24人が参加した。

 同銀行では地元企業の成長と地域経済の活性化のため、円滑な事業承継に関するサポートを積極的に行っており、2016年度より企業の後継者を対象とした「アルファバンク後継者塾」を開講。今回は、環境への理解を深め、会社経営に役立ててもらおうと、環境意識向上を目指し、学内外で積極的に活動を行う同大環境ISO学生委員会の学生3人が講師として登壇した。

 「オフィスエコのススメ」と題した講演では、同委員会がさまざまな企業と連携して行っている環境活動を紹介。京葉銀行と行っているエコプロジェクトのほか、他の企業と協同した子ども向けのエコ教室用教材の開発や、里山保全活動を行っていることなどを披露し、産学連携により社会的な評価及びPR効果の向上を図ることができると説明した。

 また、オフィスにおけるエコアクションについては、機器に対する省エネ省資源の実践的な工夫だけでなく、社内の意識啓発のための省エネチェックシートや表彰制度の提案などを行った。参加者からは「紹介された省エネチェックシートを配ってほしい」など意見が出た。

 講演をした法政経学部2年の細萱桂太さんは「このセミナーをきっかけに、参加者の方々が“企業における環境分野”や、“企業と学生の連携”について少しでも意識を深めていただけたらうれしい」と話していた。

 千葉大と京葉銀行では、17年から「ecoプロジェクト」に共同で取り組んでおり、これまでに海岸清掃やこども向けイベント開催、小型家電回収などの取り組みで成果を上げている。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る