メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

ボランティア参加証授与式を開催

ボランティア参加証授与式に参加した学生たち

[PR]

ボランティア参加証は、出席した学生一人一人に手渡された
学生の代表3人が活動報告を行った

 神田外語大学ボランティアセンターは1月21日、今年度、各地で通訳ボランティアなどをした学生約120人にボランティア参加証を贈るイベントを開催した。イベントでは、今後の活動の参考になるようにと、特に活躍した同大の学生3人による活動報告も併せて行った。

 式典では、分部大(わけべ・だい)さん(国際コミュニケーション学科4年)、松澤明日香さん(英米語学科4年)、佐々木孝庸(たかやす)さん(英米語学科4年)の3人がそれぞれ活動したボランティアについて報告。続いて、同大ボランティアセンター長の柳沼孝一郎副学長ら3人が参加学生一人一人に参加証を手渡した。

 学生代表として活動報告をした松澤さんは、東日本大震災復興教育ボランティアに3年続けて参加し、児童館で子供たちに向けて英語アクティビティーを実施した。活動報告の中で「参加した子どもたちの3年間の成長を間近で感じることができた。子どもが将来、神田外語大に入学したいと言ってくれたこともうれしかった。ボランティアを通して、人と人のつながりや相手を思いやることの大切さを学ぶことができた。社会に出てからも、その気持ちを大切にしていきたい」と話した。

 同センターは6年前に開設。外国語を学ぶ学生たちが習得した語学力やコミュニケーション能力、異文化理解力などを高められるように、実際に活用できる場を提供することで、世界的な視野を持って活躍できるグローバル人材を育成することを目指している。今年度の国内外のボランティア活動件数54件、参加学生数はのべ586人(2019年3月までの予定含む)にのぼる。

 同センターでは世界女子ソフトボール選手権大会の通訳・運営といった世界的な競技イベントの言語サービスボランティアのほか、子どもたちに英語の楽しさを伝えることを目的としたイベントや、英語アクティビティーを含めた東日本大震災復興教育ボランティアなど、学校教育関連での語学教育サポートボランティアを送り出している。

神田外語大

公式HP:http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
所在地:〒261-0014 千葉市美浜区若葉1-4-1
電 話:03-3258-5837

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです