メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・名古屋市立大

名古屋観光振興 学生ら、PR特派員に 留学先で魅力発信

PR特派員に認定された学生たち(前列)

 名古屋市の観光振興を担う「名古屋観光コンベンションビューロー」は1月22日、名古屋市立大の留学予定学生を「NCU名古屋国際PR特派員」に認定した。2~4月に出発する人文社会学部と経済学部の1~3年生9人が認定され、留学先で市の魅力を発信する。

     昨年3月にビューローと名市大が交わした連携協力協定に基づく事業。学生は、ビューローから受け取った市の外国語パンフレットや名刺を活用して市をPRする。留学先はオーストラリアや韓国、ドイツなど5カ国。

     名市大であった認定式には5人の学生が参加。ビューローの堀崎亘理事長は「書いてあることを説明するのではなく、自ら名古屋で見て、聞いて、体験した事を、感性あふれる言葉で発信して」と激励。学生たちは「日本の文化を伝えるのも交流の一つ。名古屋を知ってもらえるようがんばりたい」「いろいろな人に会って名古屋を普及させたい」などと意気込んでいた。【川瀬慎一朗】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
    2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
    3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
    4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
    5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです