メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・名古屋市立大

知事選 学生が期日前投票所を1日運営 若い世代へ啓発

投票の案内をする学生たち

 愛知県知事選(2月3日投開票)の期日前投票所が1月23日、名古屋市瑞穂区の名古屋市立大滝子キャンパスに設置され、同区内に住む選挙権のある学生らが1票を投じていた。

     投票所は地方自治について学ぶ人文社会学部の三浦哲司准教授(地方自治論)のゼミ生8人が運営し、投票に訪れる人たちの選挙人名簿を確認したり、投票用紙を交付したりした。

     名市大への期日前投票所の設置は2016年参院選、17年名古屋市長選に続き3回目。若い世代への啓発のため、いずれも三浦准教授のゼミ生が運営を担当している。今回知事選の投票所設置は23日のみ。

     ゼミ長の青山巧実さん(21)は「事前に瑞穂区に住む友人たちにも投票を呼びかけた。せっかく目に見える形で意見を出せるので投票に行かないのはもったいない」と話した。

     投票に訪れた無職男性(70)は「近くに投票所があって便利なのでこれからも続けてほしい。年金暮らしなので安心できる生活を望む」などと話していた。今回の知事選では県内の計7大学で期日前投票が行われる。【川瀬慎一朗】

    名古屋市立大

    公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
    所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
    電 話:052-853-8328

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
    3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
    4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
    5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです