メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・愛知大

地域政策学部進学の東北六県出身者が対象 給付型奨学金を創設

愛知大の創立者、本間喜一=同大提供

[PR]

 愛知大学と同大の創設者・本間喜一の出身地である山形県東置賜郡川西町は、給付型奨学金「山形県川西町・愛知大学 本間喜一奨学金」を創設する。東北6県(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)から同大地域政策学部地域政策学科(愛知県豊橋市)に進学した学生が対象。同町から4年間で総額300万円が給付される。

 2019年度入学者に対しての募集は今年4~5月に実施し、申請書類や面接で3人以内を奨学生として決定する。奨学金を受給する学生は、3年次終了までに同町で2回のインターンシップ(各5日間)を行うことが義務づけられている。

 同大の創設者の一人、故本間喜一(1891~1987)は同町出身。14年に「連携・協力に関する協定」を締結して以来、同町でのフィールドワークや共同研究などの交流・連携事業を展開してきた。

愛知大

公式HP:http://www.aichi-u.ac.jp/
所在地:〒461-8641 名古屋市東区筒井2-10-31
電 話:052-937-6762

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです