メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・立命館大

QRコード 木材、コンクリ…どこでも 半永久的に使用可能 研究チーム開発

木材に穴を開けて作った二次元コード。スマートフォンをかざすと情報が読み取れる

[PR]

 木材やコンクリートに微小な穴を開け、半永久的に使用できる二次元コードを立命館大の研究チームが開発した。劣化しにくく、従来より目立たないのが特長で、建物などに施工日などの情報を登録できるほか、文化財の案内板などにさりげなく施すこともできる。ニュージーランドで開かれた電子情報通信国際会議で成果を報告した。

     QRコードで知られる二次元コードは漢字や英字、数字などのデータを記録できる。スマートフォンなどで読み取ることで情報が入手でき、ホームページへの誘導や物流の管理などのほか、最近は決済にも利用されている。

     今回、立命館大チームが開発した「ポーラスコード」は、素材に直径1ミリの穴を開け、その影を読み取る仕組み。木材などの場合はレーザーやドリルを使い、コンクリートの場合は固まる前に刻印する。既に読み取り専用アプリも開発している。

     このコードを使えば、建物に資材の加工方法、施工業者、含有物質などの情報を登録することも可能。文化財や観光施設の案内板に活用して、観光客らに歴史や解説などを読んでもらうこともできる。これまでの白黒のコードに比べ目立たないため、景観に配慮しやすくなるという。

     穴を開けるのに数時間かかるほか、既存のコンクリート建築物には埋め込めないなどの課題もあるが、道関隆国教授は「建築資材の追跡にも有用で、既存の看板などにも使える。今後も研究を重ねたい」としている。【菅沼舞】

    立命館大

    公式HP:http://www.ritsumei.jp/
    所在地:〒604-8520 京都府京都市中京区西ノ京朱雀町1
    電 話:075-813-8300

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

    4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

    5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです