メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・清泉女子大

品川区との連携授業 最終報告会を実施 地球市民学科

品川区役所で行われた最終報告会

[PR]

 清泉女子大学地球市民学科は地元の東京都品川区と連携し、同区に関連する企業や団体と共同でフィールドワークを行う授業「基礎演習I」の最終報告会を品川区役所講堂で行った。授業は1年次の必修で、毎年テーマを変えて行われている。今年度は、同区文化スポーツ振興部オリンピック・パラリンピック準備課と連携し、京急沿線の「お宝再発見」に取り組んだ。

    最終報告会で発表する地球市民学科の学生たち

     学生たちはフィールドワークによって、地元で埋もれていたり、当たり前すぎたりしていて地元住民にあまり意識されていないものの、価値があると思われるものを再発見するという課題が与えられている。1月22日に行われた最終報告会では、約80人の学生が18グループに分かれて報告した。

     商店街のシャッター通りについて発表したグループは、浮世絵などを描いて、「インスタ映え」する名所にすることを提案。区内各所にある海抜表示板を取り上げたグループは、津波に対して注意喚起をするだけでなく、設置場所付近の避難所とその方向・距離を併記し、周知するという提案をするなど、学生目線での活用方法を披露した。

     地域活動関係者や町会関係者、区役所職員からは「学生が自分たちで情報収集したり、実際に試作したりした過程が興味深かった」「すぐに実施を検討したい提案があった」といったコメントが寄せられた。学生たちからは「インタビューしたことで、商店街に親しみを感じるようになった」「これからも品川区をもっと盛り上げていきたい」という感想があった。同区役所オリンピック・パラリンピック準備課との連携は来年度も継続して実施する見込みで、今後も学生たちの活躍が期待される。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

    2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

    3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

    4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

    5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです