メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・千葉大

元千葉ロッテ・里崎氏出演 学生企画の環境イベント開催 2月11日に西千葉キャンパス

イベントのチラシ。ポスターやチラシもすべて学生がデザインしている

 千葉大学で環境活動を行う環境ISO学生委員会が2月11日、千葉市稲毛区の西千葉キャンパスで「Chiba Winter Fes 2019~千葉からエコを広げよう~」を開催する。学内や地域住民の環境意識を啓発すること、地域を活性化することが目的で、元千葉ロッテマリーンズ選手の里崎智也氏の講演会などが行われる。

     イベントは昨年に続き2回目。昨年は1500人が来場し盛況で、今年は里崎氏の講演会のほか、吹奏楽やダンスなどが楽しめるエコステージ、究極のエコカーといわれる燃料電池自動車の展示やエコドライブ教室、ゲームを通じて環境のことが学べる子ども向けエコ体験教室、フリーマーケット、「千産千消」の特産品販売など、子どもから大人まで環境に関して楽しく学べる企画が多数用意されている。

     今回のイベントは、学生自ら大学や企業に働きかけ、京葉銀行や千葉県を中心に理美容店を展開するオオクシ、千葉ハイリビング、トーワホームなどの協賛を得るなどして、多彩な企画を計画した。実行委員長の法政経学部2年、張葉月さんは「環境にあまり関心のない人でも、楽しみながらエコを意識できるイベントになるよう企画した。少しでも多くの人に関心を持ってもらいたい」と話している。

    2月11日のエコイベントに合わせて同時開催される千葉大環境ISO学生委員会15周年記念シンポジウムのポスター

     同大環境ISO学生委員会は2003年に設立され、同大のISO14001の運用を主体的に行うなど、同大の環境活動の中核を担ってきた。現在、メンバーは約180人。当日は、同委員会の設立15周年記念シンポジウム「大学の環境マネジメントシステムに学生が関わるということ」も開催され、三重大学や岩手大学の関係者も参加する。

     当日は雨天決行。詳しくはホームページでも確認できる。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
    2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
    3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
    4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
    5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです