メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東海大

熊本県益城町と包括協定 地震被災、移転の農学部

協定書を取り交わす荒木キャンパス長(左)と西村町長

 東海大学九州キャンパス(熊本市)と熊本県益城町は2月1日、地域資源の活用や産業振興などさまざまな分野で連携協力するための包括協定を締結した。

     熊本県南阿蘇村にあった農学部のキャンパスが熊本地震で壊滅的な被害を受け、専門教育と研究部門の大半を益城町にある同大宇宙情報センター内に移転することを受けた協定。

     同センター内に建設する新キャンパスは2023年の完成を目指し現在、基本設計中。完成すれば大学院生も含め農学部の学生1000人弱が通うことになる。新キャンパスを生かした町のにぎわいづくりや、基幹産業である農業への技術支援、観光の浮揚などを目指し、人的交流を含めて連携・協力する。

     協定書に調印した荒木朋洋九州キャンパス長は「農業県の熊本に貢献できるような農学部の再建を目指す。隣接する空港を生かして熊本の農業を世界に発信していけるような連携を進める」と決意を述べた。西村博則町長は「幅広い知見を持つ東海大と強固な連携体制を構築することは、さらなる復興と発展につながる」と期待感を表明した。【福岡賢正】

    東海大

    公式HP:http://www.u-tokai.ac.jp/
    所在地:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
    電 話:0463-58-1211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
    2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
    3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
    5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです