メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大学倶楽部・桜美林大

東京五輪・パラリンピック 東京都多摩市、6大学と協定 学生がボランティア

連携協定を締結した多摩市の阿部裕行市長(前列中央)と各大学の代表者

[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都多摩市は1月29日、桜美林大など市内にある6大学と連携協定を結んだ。

     締結したのは、ほかに大妻女子大、恵泉女学園大、国士舘大、多摩大、東京医療学院大。機運を盛り上げるためのイベントを開いたり、6大学の学生が、市内がコースとなる自転車競技ロードレースで観戦者の案内などを行うボランティア「コースサポーター」を務めたりする。市は7月21日に同コースで行われるテストイベントに向け、学生100人を募集する。

     市役所で同日あった締結式で、国士舘大の佐藤圭一学長は「一緒に大会に参加し、感動を共有できることは、学生にとって人生の思い出になる」とあいさつした。【五十嵐英美】

    桜美林大

    公式HP:http://www.obirin.ac.jp/
    所在地:〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
    電 話:042-797-1583

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

    3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

    4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

    5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです