メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・聖路加国際大

小児がんの子ら、ボッチャ体験を 東京都中央区で15日イベント

[PR]

 「国際小児がんデー」の2月15日、小児がんなどの重い病気と闘う子どもやきょうだいらを対象にした「ボッチャで遊ぼう 小児がんの子どもたちとともに」(日本小児がん研究グループ「JCCG」主催、毎日新聞社など共催)が、東京都中央区の聖路加国際大トイスラー記念ホールで開かれる。

 ボッチャは重い脳性まひや四肢に障害がある人たちのために欧州で考案されたパラリンピック正式種目で、自チームのボールを白い目標球に近づけられるかを競う。イベントは、小児がん経験者も多いパラリンピアンを応援できる機会を作ろうと、小児がんの専門医らが企画。聖路加国際大の学生ボランティアが子供たちをサポートする。午後2時半~4時半。定員30人で事前申し込み(8日締め切り)が必要。参加無料。問い合わせは同大広報室(03・6226・6366、pr@luke.ac.jp)。【宇多川はるか】

聖路加国際大

公式HP:http://university.luke.ac.jp/
所在地:〒104-0044 東京都中央区明石町10-1
電 話:03-3543-6391

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです