連載

大学倶楽部・東洋大

公式HP:https://www.toyo.ac.jp/ 所在地:〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20 電話:03-3945-7571

連載一覧

大学倶楽部・東洋大

全国都道府県対抗男子駅伝・相沢選手ら初優勝チーム表彰 知事「今後も活躍期待」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
内堀雅雄知事(左)から表彰状を受け取る安西秀幸監督(中央) 拡大
内堀雅雄知事(左)から表彰状を受け取る安西秀幸監督(中央)

 広島市で1月20日に開かれた第24回全国都道府県対抗男子駅伝で初優勝した福島のチームが2月12日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事から知事表彰を受けた。福島チームは7区間、48キロのコースで、6区までトップの群馬に25秒差をつけられたが、アンカーの東洋大の相沢晃選手が区間賞の力走で逆転。2時間19分43秒でゴールテープを切った。

 この日は選手や監督ら10人が県庁を訪問。安西秀幸監督が知事から表彰状を受けた。

 この後、選手らは内堀知事と懇談。4区を担当し、区間賞の走りを見せた横田俊吾選手(学法石川3年)は「昨年は選ばれずに悔しかったが、その分区間賞を狙っていた。優勝に貢献できたかなと思う」と充実した表情を見せた。

 5区で1位に躍り出た松山和希選手(同2年)は「もうちょっと攻めの走りがしたかった。前半思い通りにいかず、悔しい思いもあるが、しっかり先頭に出て次に勢いをつなげられた」と振り返った。

 内堀知事は「ここからが新しいスタート。連覇を目指し、自己ベストを目指して。駅伝はその一人一人の力が融和してこそ結果が出るもの。これからも活躍してほしい」と言葉をかけた。【柿沼秀行】

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る