連載

大学倶楽部・明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/ 所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1 電話:03-3296-4545

連載一覧

大学倶楽部・明治大

植村直己冒険賞 岡村さん母校の兵庫・府中小児童ら祝う テレビ会議で会見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
明治大学で受賞会見にのぞんだ岡村隆さん(中央)=兵庫県豊岡市提供 拡大
明治大学で受賞会見にのぞんだ岡村隆さん(中央)=兵庫県豊岡市提供
お祝いのメッセージを読み上げる6年の中嶋和輝さん(左) 拡大
お祝いのメッセージを読み上げる6年の中嶋和輝さん(左)

 植村直己冒険賞に探検家、岡村隆さん(70)が決まった2月12日、兵庫県豊岡市日高町野々庄の市立府中小学校で、明治大学での記者会見の様子がテレビ会議システムを使って放送された。約半世紀にわたってスリランカやモルディブの密林内で遺跡の探査にあたってきた岡村さんの受賞を児童たちも祝った。

 冒険賞は豊岡市出身の世界的な冒険家で国民栄誉賞を受賞した植村直己さん(1941~84年)を記念し、市が創設。会場となった府中小と明治大は植村さんの母校。

 岡村さんは宮崎県生まれ。法政大在学中の1969年、スリランカへ渡り遺跡の調査探検に着手。以降、10回以上同国やモルディブで仏教遺跡などの探査を実施し、これまでに250カ所以上の遺跡を発見、確認した。

 会見で中貝宗治・豊岡市長は「一貫して埋もれていた遺跡の探査を続けてきた挑戦の姿勢に対して心から拍手を送りたい」と述べた。豊岡会場から児童代表の府中小6年、中嶋和輝さん(12)が「未知のものを探し求め、保護されていない遺跡を後世に受け継ぐ手助けをしている活動はすごい」とたたえた。

 岡村さんは、道なきジャングルでの探査の苦労や飲料水の確保の困難さなどを披露し、「小さなことだが長く続けたことに価値があった。みなさんも長くやれることを見つけてほしい」と児童らにエールを送った。

 授賞式は6月1日、同市の日高文化体育館で開かれる予定。【高田房二郎】

あわせて読みたい