メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神戸学院大

大学1年の荻野さん センバツ出場の母校・明石商を情報分析で支える

卒業後も後輩に力を貸す荻野大輔さん。センバツでの活躍を心待ちにしている

[PR]

 今春のセンバツに出場する明石商の元マネジャー、神戸学院大1年の荻野大輔さん(19)は卒業後も他校の試合を観戦してスコアを付けるなどして、主に対戦相手の情報分析で母校を支えている。荻野さんは「野球部で多くを学ばせてもらった。センバツで活躍できるよう、恩返しの意味も込めている」と話す。

 荻野さんは2015年春に入学。もともとマネジャー志望だったが「選手の気持ちを理解したい」と他の部員と同じメニューを経験し、8月にサポート役に就いた。ノックなどの補助をしながら、破れたネットを直し、給水用の冷水を作った。全体練習後は部員の自主練習にも付き合ったため毎日、最後までグラウンドに残った。

 それでもプレーで貢献できない自分が、本当にチームから必要とされているか不安に思うこともあったという。気持ちを変えたのは、引退後に後輩からかけられた一言だった。「練習がスムーズに回らなくなった。部に戻ってくれませんか」。荻野さんは人を支える喜びを実感した。

 他校の試合はバックネット裏で観戦。最適な場所を確保するため、夜明け前に明石市の自宅を出ることもある。昨秋にも観戦し、スコアブックを付けることで協力した。

 荻野さんが情報分析にこだわるのは、1~3年の夏の県大会で苦杯を喫した経験があるからだ。いずれも決勝で敗れ、甲子園を逃した。最後まで勝ち切るには練習を重ねるだけでなく、対戦相手を熟知することも欠かせないと痛感した。

 狭間善徳監督は「荻野の資料は打者の癖、長所や短所を分析するのに役立っている」と感謝する。荻野さんは「センバツでは明石商らしい粘りの野球がみたい。優勝して、監督を胴上げしてほしい」と後輩に期待する。【黒詰拓也】

神戸学院大

公式HP:http://www.kobegakuin.ac.jp/
所在地:〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3
電 話:078-974-1551

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです