メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東海大

スマホで道路破損通報 神奈川県平塚市が大学開発の新システム導入

[PR]

 神奈川県平塚市は2月13日、スマートフォン(スマホ)で陥没などの道路の破損状況を通報するシステム「みちれぽ」を、3月1日にスタートさせると発表した。東海大学情報科学科の内田理教授が開発したシステムをベースに市民が使いやすいように改良した。

 道路の陥没やひび割れなどの補修要望が市には年間約2000件寄せられる。電話や窓口での通報がほとんどだが、スマホで撮影して位置情報を伝えることで、市は破損状況や場所を正確に把握して、迅速な補修対応ができるとしている。

 使い方は、スマホで専用サイトにアクセスして、個人のツイッターアカウントから言葉による説明や写真などを投稿する。通報は市職員が端末で随時確認して対応し、補修などが行われたらツイッター上で報告する。

 内田教授は「ツイッターを使うのが特徴で、簡単に通報でき情報もオープンになる。若い人たちに使いやすく、情報を市に提供することで一緒にまちづくりに参加していく気持ちも生まれる」と話している。問い合わせは市道路管理課(0463・21・8794)。【渡辺明博】

東海大

公式HP:http://www.u-tokai.ac.jp/
所在地:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
電 話:0463-58-1211

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです