メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・聖路加国際大

国際小児がんデー ボッチャに歓声 東京都中央区の病院で子どもたち

小児がんの子供たちも参加したボッチャを楽しむイベント

[PR]

 「国際小児がんデー」の2月15日、小児がんなどの重い病気と闘う子どもらを対象にした「ボッチャで遊ぼう 小児がんの子どもたちとともに」(日本小児がん研究グループ「JCCG」主催、毎日新聞社など共催)が、中央区の聖路加国際病院で開かれた。入院中の子どもや学生ボランティア、医療スタッフら約50人が参加。子どもから大人まで競技を楽しんだ。

 ボッチャは赤球と青球を投げる2チームに分かれ、自分のチームのボールを白い目標球にいかに多く近づけられるかを競う。会場は好投があるたびに歓声や拍手が湧き、熱気に包まれた。

 障害がある子どもも、聖路加国際大の学生ボランティアのサポートを受けながら競技に熱中。入院中で、点滴をつけながら参加した男児(11)は「白いボールに近づけられた時がすごく楽しかった」と笑顔を見せた。

 今回のイベントは、パラリンピック正式種目のボッチャを楽しみながら、小児がん経験者も多いパラリンピアンを応援できる機会をつくろうと、小児がんの専門医らが企画。主催したJCCGの水谷修紀理事長は「子どもたちがスポーツを楽しみながら応援することを通して、一つの生きる力にしてくれれば」と語った。【宇多川はるか】

聖路加国際大

公式HP:http://university.luke.ac.jp/
所在地:〒104-0044 東京都中央区明石町10-1
電 話:03-3543-6391

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです