メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・人間総合科学大

まちかど雛めぐり キャンパス内階段にひな人形展示も さいたま市岩槻区

愛宕神社の大雛段飾りの前で記念撮影する子供たち

[PR]

 全国有数の人形の産地、さいたま市岩槻区で恒例の「まちかど雛(ひな)めぐり」が始まった。今年で16回目。同区の人間総合科学大や岩槻駅東口周辺の商店街約80店舗でひな人形の展示などを行い、つるし飾りの製作体験など多数のイベントもある。3月10日まで。

 人間総合科学大では3月2、3日に、キャンパス内の階段にひな人形を飾るイベントがある。3日には、岩槻駅前クレセントモールで子供たちがおひな様の格好で歩く「おひな様パレード」があり、岩槻城址公園では流しびなが行われる。

 また、同駅近くの愛宕神社でも期間中の土、日曜日に「大雛段飾り」を行い、神社の27段の石段に住民が提供した約400体のひな人形が飾られる。石段の前で記念撮影する親子連れなどでにぎわっている。

 家族で愛宕神社を訪れた小学1年、山本真央さん(7)は「たくさんの人形が並んでいて可愛い」と話していた。

 「まちかど雛めぐり」の問い合わせは実行委員会事務局(070・1535・8177)。【内田幸一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです