メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・ビジネス・ブレークスルー大

大前学長、豪州・ボンド大から名誉博士号を授与

名誉博士号を授与された大前学長(右)とボンド大総長のアナベル・ベネット博士

[PR]

授与式でスピーチをする大前学長

 ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学の大前研一学長が2月16日、オーストラリア・ボンド大学での卒業式で名誉博士号を授与され、卒業生や地元のゴールドコースト市長ら約1000人から祝福された。

 ボンド大学は1987年に設立されたオーストラリア初の私立大学。豪州全国紙のMBAスクール調査で学生満足度第1位を獲得したこともある、少人数で質の高い教育を提供している。また、国際的なビジネススクールの認定機関からも、高水準の経営学教育としての認証を受けている。

 大前学長は2001年、自身が経営し遠隔教育事業を展開するBBT社とボンド大の提携を実現。日本にいながら海外MBAを学ぶBond-BBTグローバルリーダーシップMBAプログラム(Bond-BBT MBA)を開発した。同プログラムの修了生はこれまでに1200人近くに上り、現在も250人以上が学んでいる。

 大前学長はボンド大学の名誉客員教授も務めている。両大学の長きにわたるパートナーシップへの貢献、これまでの社会的・国際的に多大な影響を及ぼしてきた功績が認められて名誉博士号の授与となった。

 大前学長は「今後も未来のグローバルリーダーを一人でも多く輩出するために、お互いの強固な結びつきが末永く続くことを願っています」とコメントした。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです