メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神戸学院大

防災・社会貢献ディベート大会 全国の学生ら、防災テーマに激論

防災省の必要性を訴える神戸学院大の学生ら

[PR]

 全国の学生らが防災などをテーマに討論する「第10回防災・社会貢献ディベート大会」(同実行委主催・毎日新聞神戸支局など後援)が2月16日、神戸市中央区の神戸学院大ポートアイランドキャンパスであった。「わが国は防災省を設置すべきである」をテーマに近畿や東北の大学など10チームが参加し、意見を交わした。

 テーマに対して肯定側と反対側に分かれて討論。肯定側が意見を表明する立論や相手側への尋問などがある競技ディベートで、聴衆に意見が伝わり共感を生むかを評価する。ディベートを通じて防災や社会貢献について考えてもらおうと、2010年から毎年開かれている。

 決勝は神戸学院大と東北福祉大(仙台市)。肯定側の神戸学院大は「現在は災害発生後に内閣府や各省庁の専門家を集めているが、指揮系統を防災省に一元化することでスピーディーな初期対応ができる」と主張。また、岩手県で実施された防災教育が東日本大震災で役立った事例を示し、防災省が防災教育を担うことを提案した。

 その後、否定側の東北福祉大は「人手が少ない中、どのように人材を集めるのか」「防災教育は文部科学省でも対応できるのではないか」と反論。神戸学院大が「防災省は専門家の育成にも力を入れる」と再度、反論するなど討論は白熱した。

 審査の結果、優勝は東北福祉大。岡野勝志・審査委員長は「非常に拮抗(きっこう)した討論で審査が難しかった。今後は、肯定側は争点を得意分野に絞り、否定側は争点を広げていくことを心がけてほしい」と講評した。【米山淳】

神戸学院大

公式HP:http://www.kobegakuin.ac.jp/
所在地:〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3
電 話:078-974-1551

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです