メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東海大

来春の連覇誓う 箱根駅伝初優勝祝賀会に1800人

大宴会場を埋めた約1800人が、両角監督のあいさつに聴き入った

[PR]

両角速監督(前列中央)とともに記念撮影する選手ら

 今年の東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、1月2、3日)で初優勝を果たした東海大学が3日、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)で祝賀会を開いた。選手の父母や陸上部OBなど約1800人の来場者を前に、両角速監督(52)は「連覇への期待を実感している。これからの10カ月間、懸命に取り組んでいきたい」と意欲をみせた。

 46回目の出場で頂点に立った東海大は、往路、復路とも2位で総合優勝を遂げた。松前義昭理事長は「ずば抜けた選手がいたわけではなく、チーム力での勝利。東海大らしい勝ち方だ」と10人をたたえた。

 それぞれの選手を育てた高校時代の恩師もサプライズで登壇し、当時のエピソードを披露するなど、会場を沸かせた。大会終了後、新キャプテンに就任した館澤亨次選手(3年)は「連覇へ向け、最強のチームを作り上げていきたい」と思いを新たにしていた。【上杉恵子】

東海大

公式HP:http://www.u-tokai.ac.jp/
所在地:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
電 話:0463-58-1211

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです