メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・日本薬科大

カリウキ選手が東京マラソンで2年連続学生ランナー最高位 2時間9分41秒

激走するカリウキ選手
特別表彰を受けるカリウキ選手(左)

 3月3日に開催された東京マラソン2019で、日本薬科大学薬学部4年のサイモン・カリウキ選手(22)が自己ベストを更新する2時間9分41秒の記録で4位に入り、2年連続で学生ランナー中のトップと健闘を見せた。

     雨の降る悪天候の中でのレースとなったが、カリウキ選手は前半から先頭集団に入り、世界トップクラスのランナーと互角の戦いを繰り広げた。最後まで粘り、昨年度より20秒ほど早いタイムでゴール。レース後には特別表彰を受けた。

     カリウキ選手は「学生最後の大会で自己ベストが出せて本当にうれしいです。皆さんの応援とサポートのおかげで幸せな大学生活を送ることができました。チームが箱根駅伝に出場できるよう、これからも応援します」と語った。3月に卒業するカリウキ選手は、新年度からも実業団で陸上を続ける予定。

     カリウキ選手はケニアからの留学生。昨年5月の関東学生陸上競技対校選手権大会(関東インカレ)ハーフマラソンで1時間3分9秒で優勝して2連覇を達成した。2月に行われた日本最高峰のハーフマラソン大会といわれる香川丸亀国際ハーフマラソンでも、学生ハーフマラソン歴代3位となる1時間43秒で2位になるなど、数々の実績を残す実力派ランナーだ。

    日本薬科大

    公式HP:http://www.nihonyakka.jp/
    所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281
    電 話:0120-71-2293

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
    2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
    3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
    4. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
    5. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです