メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

巨大都市での防災活動支援技術を開発 3月13日に成果報告会 東京・新宿

成果報告会のポスター

[PR]

 工学院大学は3月13日、同大新宿キャンパスで文部科学省私立大学研究ブランディング事業成果報告会「巨大都市・複合災害に対する建築・情報学融合によるエリア防災活動支援技術の開発と社会実装」を開催する。

 報告会は2部構成。第1部は「大都市中心エリアを対象としたオールハザード対応キットの開発」など、同大建築学部と情報学部の教授らによる研究テーマ三つの概要と成果報告などがある。第2部は国立研究開発法人防災科学技術研究所・木村武志氏の招待講演「防災科学技術研究所における地震観測・予測情報の利活用技術開発」などが予定されている。

 報告会は午後3~6時で入場無料、事前申し込み不要。詳細は同大ホームページ

 東京都新宿区の新宿駅西口地域にキャンパスを構える同大は、災害時には西口現地本部となり、同区災害対策本部と連携して地域の混乱防止と応急活動を支援する役割を担う。2016年には「私立大学研究ブランディング事業」の採択を受け、建築学と情報学の最新技術を融合させた巨大都市での防災に役立つ技術の開発とその社会実装に取り組んでいる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです