メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・日本薬科大

社会人向けプログラム「漢方アロマコース」第4期開講記念講演&説明会を開催

橋本教授による開講記念講演

[PR]

 日本薬科大学は3月10日午後、東京都文京区の同大お茶の水キャンパスで、社会人向けプログラム「漢方アロマコース」の第4期開講記念講演&説明会を開き、女性を中心に81人が参加した。

     漢方アロマコースは、漢方、アロマテラピー、しんきゅう、サプリメント、ヨガなど幅広い統合医療の現状を体系的に学ぶ。メイクセラピー、アーユルベーダ、薬膳などの美容や健康に役立つ知識も習得できる。漢方に関する講義では、漢方の診断方法のポイントや中医学理論の講義、生薬やハーブの生活への取り入れ方などの情報を得られる。座学に加え、漢方製剤の工場や漢方薬局の見学、自生地や植物園での薬草観察などの現地研究もあり、フィールドワークも充実している。

     この日の講演では「漢方で治す女性の病気」と題して同大の橋本寛子教授が登壇。橋本教授は、女性の身体のしくみや特有の病気内容、漢方を使った治療の特性や方法などを語った。参加者した40代の女性は「とても興味深い話で、より深く漢方を勉強したいと感じた」と話した。講演に先立つ同日午前には、同大が認定する「漢方エキスパート」試験があり、27人が受検した。この試験は同コースを受講した人が対象で、今回で2回目となる検定試験。合格発表と合格証の授与は4月7日に予定されている。

     講座は4月7日から約1年間、週末や休日を中心に月2、3回開催される。全33回で、前・後期を通じてのプログラム修了者(120時間以上受講)には、学校教育法に基づく履修証明書が交付される。大部分の講義で1日スポット受講が可能。医療機関や医療業界で働く人だけでなく、趣味や教養として学びたい人も受講できる。1日スポット受講料は6000円。問い合わせ・申し込みは同大ホームページかフリーダイヤル(0120・71・2293)。

    日本薬科大

    公式HP:http://www.nihonyakka.jp/
    所在地:〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281
    電 話:0120-71-2293

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

    2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

    4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

    5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです