メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・創価大

上映中の日露合作映画「ソローキンの見た桜」 俳優陣と学生が交流

学生たちは約1時間、ロシアの俳優たちと将来の夢などを語り合った

 3月22日に全国公開された日露合作映画「ソローキンの見た桜」に出演したロシアの俳優陣が同日、創価大学(東京都八王子市)で学生との交流会に臨んだ。主演のロデオン・ガリュチェンコさん(31)は「両国の俳優の文化に違いはありましたか」と質問され「違いはありません。良い映画を作りたいという気持ちは一緒です」と丁寧に答えていた。

     映画の舞台は、日露戦争当時、松山市につくられたロシア兵捕虜収容所。ロシア人将校と日本人看護師との出会いを、現代を生きる子孫がたどる。

     ガリュチェンコさん、アレクサンドル・ドモガロフさん(55)ら4人は映画の舞台あいさつなどのため来日した。創価大には、学内にあるロシア文化の発信・交流拠点「ロシアセンター」の視察を兼ねて訪問。4人は馬場善久学長と懇談した後、ロシア語を学ぶ学生たちと、昼食をとりながら約1時間意見交換した。

     参加した一人で、モスクワ大に留学経験のある文学部5年、武田裕香さん(22)は「4人とも私たちが話しやすい雰囲気を作ってくれたので、楽しく過ごすことができました。映画の合作も含め、交流を重ねることで両国の関係が深まると思います」と話していた。【川上克己】

    創価大

    公式HP:http://www.soka.ac.jp/
    所在地:〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
    電 話:042-691-2211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
    2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
    3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
    4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
    5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです