メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

外国人留学生との国際混住寮開設 交流が育まれる工夫施す

[PR]

 明治大は国際化の推進、共創的学習・教育の推進の一環として、同大で初めて施設の整備・運営を民間が担う「PFI的手法」を導入し、東京都杉並区の同大和泉キャンパス内に国際混住寮「明治大学グローバル・ヴィレッジ(Meiji Global Village、通称MGV)」を3月22日に完工し、4月から本格的な運用を開始した。日本人学生と外国人留学生が学習スペースや交流スペースを共にしながら生活し、国際コミュニティーを形成していく「学びの場」を目指す。

     同キャンパスのグラウンド東側に配置したMGVは地上3階建て。1階中央部には、寮全体の共用部としてレストランやリビング、キッチン、学習室などを配置した。東西に分かれる住棟の1~3階には、リビングを中心とした六つの個室からなる36ユニット・計216室を設置。日常からさまざまなコミュニケーションが生まれ、交流が育まれる工夫が施されている。

     現在、日本人学生132人と外国人留学生84人が入居。共用空間での各種活動が有機的に展開できるよう、寮生として住みながら他の寮生を支援する学生を「レジデント・アシスタント(RA)」「ジュニア・レジデント・アシスタント(JrRA)」として、それぞれ6人、計12人の配置を予定している。各レベルのコミュニティーが適切に形成・運営されるよう日常の生活支援も含めたさまざまなサポートを行う。

     同寮の運営・管理は、学生寮などの運営を行う共立メンテナンス(東京都千代田区)が担当する。

    明治大

    公式HP:http://www.meiji.ac.jp/
    所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
    電 話:03-3296-4545

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

    2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

    3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

    4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

    5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです