連載

大学倶楽部・東海大

公式HP:http://www.u-tokai.ac.jp/ 所在地:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 電話:0463-58-1211

連載一覧

大学倶楽部・東海大

研究チーム、ロボットで駿河湾の生物調査 サクラエビ漁へ活用期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
駿河湾の調査に使われたAUV「Tuna-Sand2」=東海大海洋学部、渡辺啓介研究室提供 拡大
駿河湾の調査に使われたAUV「Tuna-Sand2」=東海大海洋学部、渡辺啓介研究室提供
駿河湾の海底でAUVによって撮影された画像=東海大海洋学部・渡辺啓介研究室提供 拡大
駿河湾の海底でAUVによって撮影された画像=東海大海洋学部・渡辺啓介研究室提供

 東海大などの研究チームは、自律型水中ロボット(AUV)を使った生物調査を駿河湾で初めて行った。調査を主導した同大海洋学部の渡辺啓介准教授によると、駿河湾深海の生態系は未解明の部分が多く、海中を移動しながら撮影できるAUVを使用することで、枯渇が懸念されるサクラエビなどの生物資源の調査に役立つとしている。

 調査は3月12日と15日の2回、興津川の河口沖約1キロ、水深約250メートルの場所で、東京大と九州工業大の共同研究で開発されたAUV「Tuna―Sand2」を使って行われた。ロボットはあらかじめプログラミングされたルートを移動し、海中で映像を撮影したほか、水温や塩分濃度などのデータも採取した。

 船上から指示を出せば発見した生物の採取も可能だが、今回は生物を採取するサンプリングまでには至らなかった。映像からは、ザリガニの一種「アカザエビ」とみられるエビなどが生息していたが、サクラエビは確認できなかった。また、カメラの照明が暗くはっきりと見えないところが多かったため、改良して10月に再度調査を行う予定という。

 渡辺准教授は「今までは、ロボットが動くかどうかの試験走行をしてきた。今回の調査で、実際に海底の様子を把握できると分かった」とし、「今回のような調査を継続することで、生物が確認できた時の水温や塩分濃度がどうだったかなどのデータベースが構築され、不漁が続くサクラエビの生態調査にも役立つはずだ」と話した。【高場悠】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る