メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

「令和」 『全文英訳万葉集』THE MAN’YO - SHUを世界へ

万葉集(英訳版)第一部

[PR]

万葉集32首 梅花の歌の全文英訳

 神田外語グループは、1991年4月6日に7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれ日本に現存する最古の和歌集である『万葉集』の英訳版を発行している。これは、神田外語大学(千葉市美浜区/学長 宮内孝久)の創立から教壇に立っていた故須賀照雄教授が「世界平和達成のためには他民族の文化を知り、理解することが重要な要素になる」と説き、「そのためにも日本民族が持つ貴重な文化遺産である万葉集を世界の人々に知ってもらいたい」という思いから実現したものだ。

     神田外語グループの初代理事長・故佐野公一は、創立当初より「言葉は世界を繋(つな)ぐ平和の礎」を同グループの教育理念に掲げていた。その教育理念、意志は現在でも同グループの教育理念として、学生たちに引き継がれている。

     同グループの制作した『全文英訳万葉集 THE MAN’YO -SHU 』は、4516首、20巻からなる万葉集の内容を全て英訳している。東洋詩特有の5―7調のリズムでできており、このリズムで歌い上げることで、聞き手にさまざまな情景を思い浮かばせ、感銘を与える。このリズムで英訳されたものは世界で初めて。天皇、貴族から下級官人、防人(さきもり)、大道芸人などさまざまな身分の人々が詠んだ歌を外国人にも分かりやすく理解できる内容になっている。

     この度の新元号「令和」の発表により、『全文英訳万葉集 THE MAN’YO - SHU 』の価値は高まりつつある。同グループは日本の新元号の起源が外国人にも伝わる同著書を今後も世界の人々に向け、発信していく。

     梅花の歌32首(令和の起源に関する内容)の英訳は以下の通り。

    It was in the pleasant month of early spring, when the air was soft and the wind was balmy.

    =季節は、初春のよい月で、大気もよく風も穏やかになった

    The plum-blossoms were white like the powder in front of a looking-glass, and orchid scattered odour like the fragrance left after an incense-casket.

    =梅の花は鏡の前(に座る美女たちが化粧に使う)白い粉のように(白く)開き、蘭は(身にまとう)装飾品の香りのように薫っている

    【出版編集】中教出版株式会社

    神田外語大

    公式HP:http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
    所在地:〒261-0014 千葉市美浜区若葉1-4-1
    電 話:03-3258-5837

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

    2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

    4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

    5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです