メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋学園大

本郷キャンパスで新公開講座 新1万円札渋沢栄一の子孫も登壇

東洋学園大公開講座のパンフレット

[PR]

 東洋学園大は2019年度、本郷キャンパス(東京都文京区)で新たな公開講座(リベラルアーツ)を開講する。一般向けの講座で、参加者を募集している。

 7月23日は、新1万円札の肖像画に選ばれた渋沢栄一の子孫の渋澤健氏が講師を務め、栄一の思想と行動の基本となった「論語(=道徳)」と「算盤(そろばん=商売)」について読み解き、現代も変わらない経営者にとって大切な資質と教養を語る。

 リベラルアーツは学問領域にとらわれない幅広い教養を指す言葉で、同講座ではさまざまな分野の一流の講師から学ぶことができる。全4回とも講師の話を一方的に聞くだけではなく、質疑応答の時間を設け、講師と受講者が活発にやりとりできる“インタラクション性”を重視し、少人数 (30人程度)で行う。

 講座は各回とも午後7時半~9時。受講料は4回通し券2000円、1回券1000円で、予約が必要。申し込みは東洋学園大

 主な内容は次の通り。

 5月7日=サントリー美術館学芸部長・石田佳也氏「遊びの流儀 ~遊楽図の系譜~」▽6月18日=東洋学園大学・加藤恵理専任講師「共生社会への歩み:多文化社会ハワイから得られる学び」▽7月23日=コモンズ投信取締役会長・渋澤健氏「渋沢栄一の『論語と算盤』で未来を拓く」▽8月(日程調整中)=宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員「『はやぶさ』プロジェクトがわれわれの生活・将来にもたらすもの」(予定)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです