メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東海大

「先輩たちの分まで」 熊本地震3年 南阿蘇で学生らが追悼 

東海大生の脇志朋弥さんが亡くなったアパート跡で手を合わせる同級生たち

 2度の最大震度7を観測した熊本地震から3年の4月14日、熊本県内の被災地では、犠牲者の生前を知る人たちが在りし日をしのんだ。

     2度目の最大震度7を観測した2016年4月16日の本震で複数のアパートが倒壊し、東海大阿蘇キャンパスの学生だった脇志朋弥(しほみ)さん(当時21歳)と大野睦(りく)さん(同20歳)、清田啓介さん(同18歳)が亡くなった熊本県南阿蘇村では、朝から後輩の学生らがアパート跡に花を手向けた。

     同大4年の茨木信人(まさと)さん(21)は母洋美さん(58)と共に手を合わせ、先輩たちを悼んだ。特に顔見知りだった大野さんには入学したばかりの頃、優しく接してくれたことに感謝し、卒業後は九州で就職して復興に貢献する決意を伝えたという。洋美さんは「子を持つ親として、ご遺族の悲しみは痛いほど分かる。地震を風化させてはいけない」と話した。

     施設が被災して現在は一部の実習などでしか使われていない旧阿蘇キャンパスでは、脇さんら3人の追悼式があった。教職員や学生ら約70人が参列した。

     参列者は祭壇に菊の花を献花して祈りをささげた。学生代表の農学部3年、津田航士郎(こうしろう)さん(20)は「全員が前を向いて復興やボランティアに取り組んでいけば、力強い熊本をつくることができる。亡くなった先輩たちの分まで前を向いていきたい」と話した。【佐野格、杉山恵一】

    東海大

    公式HP:http://www.u-tokai.ac.jp/
    所在地:〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
    電 話:0463-58-1211

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
    2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
    3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
    4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
    5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです