メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・愛知大

産学官連携で新大あんまき完成 商品化へ

大あんまきの新商品3種を手にする(左から)知立市職員と藤田屋社員、愛知大学生

 知立名物「大あんまき」を製造・販売する藤田屋(愛知県知立市山町)と愛知大学、同市が開発した産学官連携による「新大あんまき」が完成した。3種類あり、うち1種類が近く商品化される見通しだ。

     市と愛知大は、産業や文化、教育、福祉分野で相互に連携・協力する提携を結んでおり、2018年2月から藤田屋で新商品の開発に取り組んできた。

     開発した新商品は、白あんとクッキーのオレオを使った「クリーム&オレオ」▽ミックスベリー味の「ベリー&ベリー」▽サツマイモとホイップクリームにバターと塩で味を調えた「スイートポテト」――。試作・試食で好評で、「クリーム&オレオ」を「レギュラー(商品)のラインアップに採用する」(同社)という。

     同社は「職人の発想を超える若者のアイデアが斬新だった」と取り組みを評価。開発に携わった学生グループの同大4年、杉浦文華さん(21)は「企業が一つの商品にかける手間に驚いた。とても勉強になりました」と話していた。

     3種の「新大あんまき」は、同大名古屋キャンパス(11月3日午前11時~)、豊橋キャンパス(同4日午前10時~)で開かれる学園祭で数量限定で販売される。【亀井和真】

    愛知大

    公式HP:http://www.aichi-u.ac.jp/
    所在地:〒461-8641 名古屋市東区筒井2-10-31
    電 話:052-937-6762

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
    2. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
    3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
    4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
    5. 熊谷36.2度 全国16地点で猛暑日に 15都道県に高温注意情報

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです