メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・亜細亜大

将来に期待 1年生左腕・松本晴投手が初先発初勝利

駒沢大戦で、6回無得点に抑え、初勝利を挙げた亜細亜大の松本晴投手

 東都大学野球の第1週第2日は4月9日、神宮球場で亜細亜大対駒沢大戦があり、亜細亜大が駒沢大に1―0で雪辱して1勝1敗とした。

     亜細亜大に頼もしい1年生左腕が登場した。松本晴投手(1年・樟南)は初登板で初先発ながら抜群のマウンド度胸を見せ、6回2安打無失点で初勝利。「しっかり腕を振れた。初めての神宮は楽しかった」と笑顔だった。

     真骨頂は四回。1死から初安打を許すと、連打で一、二塁とされ、相手の4番打者を迎えた。内角球で相手の体を起こし、最後は体から遠い外角スライダーで見逃しの3球三振。5番には内角直球を詰まらせて一ゴロに仕留め、ピンチを脱した。松本晴投手は「木製バットなので内角が効果的。狙い通りに突けた」と満足げだった。

     鹿児島・樟南高では甲子園への出場経験こそないが、2年夏からエース。3年夏の鹿児島大会では1試合20三振を奪った本格派左腕だ。亜細亜大の生田監督は「物おじせず、将来が楽しみ。1カ月前から(開幕)2戦目の先発に決めていた」という。指揮官の大きな期待にきっちり応えてみせた。

     大学での目標は「先輩の東浜(巨)さん(現ソフトバンク)の35勝を超えたい」と松本晴投手。はるかな目標に向け、怖いものなしの1年生が最高のスタートを切った。【真下信幸】

    亜細亜大

    公式HP:http://www.asia-u.ac.jp
    所在地:〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10
    電 話:0422-36-3238

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
    2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
    3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
    4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
    5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです