メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・工学院大

学生と企業がコラボレーション「ISDCプログラム」

[PR]

 工学院大学は独自の教育プログラム「ISDCプログラム(Industry-Student Direct Collaboration

    Program)」を実施している。同プログラムは、これまでにはなかった学生と企業との「直接的な連携」を実現したもの。すでに建築学部が先行して取り組んでおり、参画企業から複数の課題が学内公募で提示されると、参加を希望する学生が研究計画書を作成し、プログラムに応募する。その後、大学と企業が研究計画書をもとに協議し、コラボする学生を決定する。

     導入5年目となる2019年度は、映像・3Dプロジェクションマッピングなどを手がける株式会社「ピクス」が新たに参画する。5月下旬に各企業からの課題が公表される。学内選考を経た後、参画企業から支援金を受け取ることができる。現場見学、意見交換会など、学生は課題解決に向けて研究をする。

     発表会では学生が会社の経営トップ、事業責任者を前にプレゼンテーションし、企業から質問を受けるなど、従来の学生生活では得られない貴重な体験ができる。

     学生からは、「現場リーダーとの意見交換や職場見学などを通して、大学卒業後の目指すべき方向を再認識できた」「コラボ支援金は、専門書や模型材料の購入、現地調査の費用などをまかなえてありがたい」と好評だ。

     企業からは、社会貢献活動にとどまらず、学生ならではの柔軟で斬新な視点や発想、問題解決のヒントを見いだすことができると評価されている。

    工学院大

    公式HP:http://www.kogakuin.ac.jp/
    所在地:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
    電 話:03-3340-1498

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

    3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

    4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

    5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです