連載

大学倶楽部・立教大

公式HP:http://www.rikkyo.ac.jp/ 所在地:〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1

連載一覧

大学倶楽部・立教大

大学院にAI専門の研究科 設置準備室室長の内山教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立教大学・大学院人工知能(AI)科学研究科設置準備室室長の内山泰伸・理学部教授 拡大
立教大学・大学院人工知能(AI)科学研究科設置準備室室長の内山泰伸・理学部教授

 立教大学が来年4月、人工知能(AI)に特化した大学院の研究科「人工知能科学研究科」を開設する。設置準備室室長を務めるのが、同大理学部の内山泰伸教授(44)だ。

 同研究科には、AIの倫理を専門にする教員を配置。AI活用時に求められる倫理的判断を体系的に学ぶため、関連する法律などの科目を必修とする。広く社会人にも門戸を広げ、AIを製品開発や企画立案に役立ててもらう。

 元々の専門は宇宙物理学。6年前、中学・高校時代の同級生が開発した将棋ソフトがプロ棋士を破ったことで、AIに興味を持った。その後、米国の研究者から話を聞き、「日本のAI研究は米国や中国に後れをとっている」と危惧。2年前に若手教員を中心とする研究会で研究科の開設を提案し、大学に採用された。

 「AIは、人間が新しいステージに行くためのツールだ」と強調。「日本の未来を切り開くうえでも、AIの活用で新たな価値を創造する人材を育成したい」と話す。【丸山仁見】

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る