メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・共立女子大

低糖質パンが全国販売 JAタウンで

共立女子大学 ×JA全農さいたま 共同開発「低糖質パン」全国販売開始

[PR]

 共立女子大学の家政学部食物栄養学科はJA全農さいたま(全国農業協同組合連合会埼玉県本部)と共同し、低糖質パン「ブラン ブレッド」と「ブラン カンパーニュ」を開発した。両者は商品開発、学術推進、人材交流及び育成を目的に2017年7月に連携協力協定を締結している。

 今回、商品化された低糖質パンは同学科の村上昌弘教授(同大副学長)の監修のもと、公認学生団体「食で世界を笑顔にする会 くすくす」の学生たちが実際に作製にあたった。

 「低糖質パン」は18年10月~19年2月、にJA加入者へ販売が開始された。当時、JAで取り扱っているパン約10品の中でも売り上げが上位であったことから、JAで販路拡大に向け検討が行われ、5月1日よりサイズや形態をアレンジしたセット商品として、JAタウン(JAが運営する産地直送お取り寄せサイト)での取扱いがスタートした。

【販売概要】

◆販売サイト:JAタウン https://www.ja-town.com

◆販売商品

<ブランパンセット>

 ▽ブランブレッド1本

 ▽ブランバターロール40グラム×8個

 ▽ブランバンズ60グラム×8個

 ▽ブランプチロール10個

◆販売価格:2916円(税込み・送料別)

◆販売開始日:2019年5月1日

◆出荷開始日:2019年5月13日~(祝日などを挟むため)

◆販売期間:2019年7月末までの限定販売。

※また、同大学生食堂での販売用にアレンジしたホットドックサイズなどがJAにて製造され、それを用いたバゲットメニューが5月下旬から学生食堂(ロハスカフェ共立女子)で販売される予定。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 三菱京都病院の医師が新型コロナ感染 症状出た後、患者数人診察か 外来中止

  4. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです