メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・共立女子大

打ち豆を使ったキーマカレー 学生らが開発 福井市内全小中学校で提供

「打ち豆のキーマカレー」を持つ共立女子大の木下伊規子教授

[PR]

 共立女子大は福井市の郷土食材「打ち豆」を使った「打ち豆のキーマカレー」を開発した。5月9、10日に同市内の全小中学校の給食で提供される。

 この試みは今年2月の打ち豆の春巻きに続き2回目。2017年に同市と連携協定を締結したことにより実現した。

 打ち豆は大豆を石臼の上でつぶし、乾燥させたもの。福井県では伝統的な大豆の保存食として使われている。昨年8月から、同大家政学部食物栄養学科の木下伊規子教授のゼミナールに所属する管理栄養士専攻4年生(当時)の5人が開発に取り組んだ。過去3年分の同市の給食メニューを分析し、和食に使われることが多い打ち豆を小中学生が好きなカレーにアレンジした。昨年10月には福井市でのフィールドワークも行った。

 カレーはひき肉ベースで、打ち豆とタマネギ、ニンジンなどの食感がアクセントとなっている。市特産のミディトマト「越のルビー」の水煮も加え、甘みを引き出した。そのほか付け合わせとして、「ジャガイモと小松菜の青のりあえ」などのメニューも考案した。

 開発に携わった学生らは「みじん切りにすることで均一に盛り付け、野菜をたくさん食べてもらえるようにした」「給食では固形コンソメが使用できなかったため、味のまとめ方に苦労した」と話した。

 木下教授は「家庭でそろう材料で調理できるよう工夫した。給食を食べた子供たちに親子で作ってもらいたい」と期待を込めた。【丸山仁見】

共立女子大

公式HP:http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/
所在地:〒101-8437 東京都千代田区一ツ橋2-2-1
電 話:03-3237-2838

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです