メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・名古屋市立大

ビリギャルの小林さん講演 「わくわくする目標みつけて」

学生に語りかける小林さやかさん

[PR]

 2015年に映画化された累計120万部のベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公で、名古屋市出身の小林さやかさん(31)が、名古屋市立大滝子キャンパス(同市瑞穂区)で講演した。「わくわくする目標を自分で見つけて」といった不可能を可能にする五つの極意を披露した。

 講演会は名市大のキャリア支援行事の一環。約100人の学生を前に、小林さんは「自分で考えることが大事。自己肯定感を持ち、どんな大人になりたいのか、漠然とでもビジョンを持ってほしい」と強調。受験当時、周りの人に慶応大を目指しているのを知られていたことに触れ、「目標や夢を公言して皆に知ってもらうことが大きな効力を発揮する。やりたいことがあれば言いふらして、やらざるを得ない状況を作って」と呼びかけた。【川瀬慎一朗】

名古屋市立大

公式HP:http://www.nagoya-cu.ac.jp/
所在地:〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
電 話:052-853-8328

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです