メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・神田外語大

須賀元教授が翻訳 「令和」の出展元 万葉集の英訳本を展示 5月19日まで

展示されている万葉集の英訳本を見る学生

[PR]

 新元号「令和」の出典元となった日本最古の歌集「万葉集」の唯一の全訳英訳本「全文英訳万葉集 THE MAN'YO-SHU」(中教出版)が千葉市美浜区の神田外語大3号館で一般展示され、新入生でにぎわうキャンパスの話題を集めている。

 同書は、4516首20巻からなる万葉集のすべてを英訳したもので、全3巻にまとめられている。同大元教授で、異文化コミュニケーション研究所(現グローバル・コミュニケーション研究所)の所長を務めた故須賀照雄氏が約20年をかけて翻訳し、1991年に発刊。日本的英語に徹し、短歌は五七五七七の構成に対応した五行詩の形をとり、長歌も元歌と同じ行数に翻訳している。天皇や貴族、下級官人、防人、大道芸人などさまざまな身分の人々が詠んだ歌を外国人が分かりやすく理解できるよう工夫されている。

 同書は長らく忘れられた存在だったが、「新元号について、言語を学ぶ学生に理解してもらうだけでなく、留学生にも知ってもらいたい」と一般公開することにした。外国語学部国際コミュニケーション学科3年の伊藤綾香さん(21)は「留学生の友だちが日本文化を学ぶ上で面白いと言っていた」。「和歌がどう英訳されたか興味がある」と言うスペイン語専攻3年の小川絵理さん(20)は「難しいそうだけど、しっかり読んでみたい」と興味津々の様子だった。

 展示は5月19日まで。実際に手に取って閲覧でき、税込み5万円で購入できる。送料無料。問い合わせは同大付属図書館(043・273・1192)。

神田外語大

公式HP:http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/
所在地:〒261-0014 千葉市美浜区若葉1-4-1
電 話:03-3258-5837

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです