メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・相愛大

伝統芸能継承と人材育成に講座 30日から

みやびな音色が魅力的な雅楽=相愛大提供

[PR]

 相愛大は雅楽や人形浄瑠璃などの伝統芸能を継承するため、次世代の人材育成を目指すプログラムを今年度からスタートさせる。音楽学部を持つ同大の知的資源を活用する。

 文化庁「大学における文化芸術推進事業」の助成を受け、今年度は雅楽をテーマに全6回の連続講座を開く。1回目は「国際的視点からみた雅楽の魅力」と題して、30日午後6時半から相愛大本町学舎(大阪市中央区)で開催する。釈徹宗同大教授の基調講演のほか、天王寺舞楽協会常任理事の小野真龍さんと打楽器奏者でドイツ・フライブルク音楽大教授のベルンハルト・ヴルフさんが雅楽の特徴と魅力、歴史的意義について語り合う。幕あいには国の重要無形民俗文化財「天王寺舞楽」を披露する。

 参加は無料。事前申し込みが必要。相愛大ホームページ(https://www.soai.ac.jp)から申し込む。問い合わせは同プログラム事務局(06・6612・5902)へ。【進藤郁美】

相愛大

公式HP:https://www.soai.ac.jp/
所在地:〒559-0033 大阪市住之江区南港中4-4-1
電 話:06-6612-5903

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです