メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・敬愛大

県立4高校と協定 短大も 出張授業など連携教育

連携教育協定に関する協定書を手にする敬愛大の三幣利夫学長(左)や千葉敬愛短大の明石要一学長(右)ら

 敬愛大(千葉市稲毛区)は5月20日、系列の千葉敬愛短大とともに、浦安、小見川、松尾、四街道北の県立4高校と高大連携教育協定を結んだ。同大の協定校はこれで計11校となった。

     敬愛大には経済、国際の2学部があり、短大には教員や保育士を養成する学科がある。今後、協定校向けに出張授業をしたりキャリア教育をしたりするほか、AO・推薦入試の改革にもつなげていく考えだ。

     敬愛大の三幣利夫学長は「ここ10年ほど力を入れてきたキャリア教育を協定校で役立てたい」。千葉敬愛短大の明石要一学長は「高大接続が叫ばれる中、協定に基づく高校との安定した交流の中で、単位互換の検討など中身のある協力をしたい」と意欲を見せた。

     調印式に出席した高校の校長や教頭は「高等教育機関との連携で教育の質を高めたい」と期待していた。【中根正義】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
    2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
    3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
    4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
    5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです