メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

東京六大学野球春季リーグ 5季ぶりの優勝に「王手」

慶応大との一戦で、二回裏明治大2死満塁、竹田が満塁本塁打を放つ

[PR]

 東京六大学野球は5月19日、神宮球場で第6週の2回戦2試合を行った。明治大は投手の竹田(2年・履正社)が満塁本塁打を放ち、慶応大に連勝して勝ち点を4に伸ばした。第7週の法政大戦で1勝すれば、5季ぶり40回目の優勝が決まる。早稲田大は法政大を降し、1勝1敗とした。

    竹田が満塁弾

     打球がスタンドに入ると、思わず跳びはねて喜びを爆発させた。明治大の先発右腕・竹田が二回に先制の満塁アーチ。リーグ戦初の一発に、「びっくりした。自分を楽にできて良かった」と興奮を隠しきれなかった。

     両チーム無得点の二回。2死一、三塁の場面で、次打者の竹田は「自分に回ってこい。なんとしても先取点をもぎ取る」と気持ちを高めていた。前の打者が四球を選び、右打席へ。3球目、内角高めの136キロ直球を振り抜いた。打球は風にも乗り、左翼ポール際へ。勢いづいた竹田は投げても5回1失点で3勝目を手にした。

     投打の活躍を喜ぶ竹田だが、優勝がかかる次週の話になると、「打撃は気にせず、投球に集中する」と気を引き締めた。【真下信幸】

    明治大

    公式HP:http://www.meiji.ac.jp/
    所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
    電 話:03-3296-4545

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

    2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

    3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

    4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

    5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです