メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・明治大

東京六大学野球春季リーグ 5季ぶりの優勝に「王手」

慶応大との一戦で、二回裏明治大2死満塁、竹田が満塁本塁打を放つ

[PR]

 東京六大学野球は5月19日、神宮球場で第6週の2回戦2試合を行った。明治大は投手の竹田(2年・履正社)が満塁本塁打を放ち、慶応大に連勝して勝ち点を4に伸ばした。第7週の法政大戦で1勝すれば、5季ぶり40回目の優勝が決まる。早稲田大は法政大を降し、1勝1敗とした。

竹田が満塁弾

 打球がスタンドに入ると、思わず跳びはねて喜びを爆発させた。明治大の先発右腕・竹田が二回に先制の満塁アーチ。リーグ戦初の一発に、「びっくりした。自分を楽にできて良かった」と興奮を隠しきれなかった。

 両チーム無得点の二回。2死一、三塁の場面で、次打者の竹田は「自分に回ってこい。なんとしても先取点をもぎ取る」と気持ちを高めていた。前の打者が四球を選び、右打席へ。3球目、内角高めの136キロ直球を振り抜いた。打球は風にも乗り、左翼ポール際へ。勢いづいた竹田は投げても5回1失点で3勝目を手にした。

 投打の活躍を喜ぶ竹田だが、優勝がかかる次週の話になると、「打撃は気にせず、投球に集中する」と気を引き締めた。【真下信幸】

明治大

公式HP:http://www.meiji.ac.jp/
所在地:〒101-8301  東京都千代田区神田駿河台1-1
電 話:03-3296-4545

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです