メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋大

東都大学野球 2季ぶり20回目優勝 全5校から勝ち点

2季ぶり20回目の優勝を果たし、胴上げされる東洋大の杉本泰彦監督

[PR]

 東都大学野球は5月23日、神宮球場で最終週の2回戦を行い、東洋大が2季ぶり20回目の優勝を全5校から勝ち点を挙げる「完全優勝」で飾った。第1試合で優勝の可能性を残していた勝ち点3の国学院大が敗れたため、東洋大の優勝が決定。東洋大は亜大に延長十一回サヨナラ勝ちした。

 東洋大は全日本大学選手権(6月10日開幕)に出場する。

村上、喜び爆発

 サヨナラ犠飛で勝ち点5の「完全優勝」が決まると、東洋大の選手が一斉にグラウンドに飛び出す。その先頭にいたのはエース村上頌樹(3年)。東洋大では2008年春以来の完全優勝の原動力となった右腕は「素直にうれしい」と頬を緩ませた。

 16年春のセンバツで5試合を一人で投げ抜き、奈良・智弁学園を初優勝に導いた。大学も1年春から2勝を挙げ、先発の一角を担った。しかし、昨年は上茶谷(現DeNA)、甲斐野(現ソフトバンク)、梅津(現中日)の150キロ右腕トリオの陰に隠れ、未勝利に終わった。

 「自分の強みは制球力だと改めて気付いた」と村上。冬場は変化球の制球を磨いた。今季は6勝負けなし、4勝が完封だ。防御率はリーグトップの0・77。「打者の反応からも手応えを感じる」と自信を深めた。【真下信幸】

東洋大

公式HP:http://www.toyo.ac.jp/
所在地:〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
電 話:03-3945-7571

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです