メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京女子大

日本初!就活動支援にVR 採用面接リアルに体験

学生たちが視聴する採用面接体験動画の実際の映像

[PR]

VRゴーグルをつけて採用面接体験動画を視聴する

 東京女子大キャリア・センターは5月27日から、VR(仮想現実)を用いた採用面接体験動画を導入した。大学の就職支援としてVRを活用するのは国内初。本番さながらの雰囲気を事前に体験することで、緊張感や苦手意識の克服につながると期待されている。

 VR面接動画は、多くの大学でキャリア支援を手掛けている岡崎人事コンサルタント(岡崎浩二社長)の監修。VR視聴機器(VRゴーグル)をキャリア・センター資料室に設置し、学生は1次、2次面接や最終面接を想定した動画を各自の活動の状況に合わせていつでも視聴できる。何度でも反復練習ができるため、話し方の工夫や面接スキルの向上につながるという。動画コンテンツは随時追加し、就職環境の変化にも対応する。

 経団連と国公私立大学の代表者で構成される「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」の中間とりまとめと共同提言では、新卒一括採用の限界を指摘し、通年採用の拡大など多様な採用形態への移行を求めている。就職活動の多様化がさらに進むことが予想されるなか、今回導入されたVR動画は就職活動に臨む学生にとって心強い味方になりそうだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです