メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東洋学園大

地元学童保育で「グローバル英語体験」

メッセージカードづくりをサポートする学生たち

[PR]

オーストラリアの小学生に送るメッセージカード
外国人インターンが世界のあいさつ言葉を紹介

 東洋学園大学英語コミュニケーション学科の児童英語教育ゼミ(坂本ひとみ教授)の学生は5月17日、地元・文京区本郷の民間学童保育「ツリー・アンド・ツリー本郷真砂」を訪ね、子どもたちに「グローバル英語体験」を行った。

     この活動は、2020年度から英語が小学校でも正式な教科になることをふまえ、「英語嫌い」の早期化を防ぐことを目的に、昨年度から区内の学童保育の協力を得て実施している。同学童保育で初めての活動には小学1年生から4年生の10人と幼稚園児2人が参加した。「Hello world!」 をテーマに、外国人インターンが世界のあいさつを紹介したり、学生がカードを使った英語ゲームや英単語ビンゴを行ったりした。

     子どもたちも意欲的に参加し、英語体験を楽しんでいた。60分の英語体験の最後に、世界140カ国の教師と生徒が参加している国際教育ネットワークのNGO「iEARN(アイアーン)」を通じ、オーストラリアの小学生に送るメッセージカードを作成。子どもたちは、知っている英単語を使ったり、学生にスペルを質問したりしながら、一生懸命メッセージを書き込んでいた。

     企画・指導を担当した坂本教授は「英語への苦手意識を取り払うためには、子どもたちにはまず英語に親しみ、楽しく触れ、英語は世界への扉であること知ってもらうことが重要だ」と話す。同ゼミでは学童保育の他にも小学校や保育園での実習を定期的に行い、児童英語教育を研究する学生に学びの場を提供していく予定だ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです