メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・大阪学院大

マーカス・オークレー氏のイラスト原画展示 大学案内の表紙も手がける

図書館で展示されているマーカス氏の作品

[PR]

図書館入り口

 大阪学院大は世界的なイラストレーター、マーカス・オークレー氏の原画を公開している。マーカス氏は同大の今年度の大学案内の表紙を描いており、その作品を含め8点を展示している。

大阪学院大の2020大学案内表紙

 マーカス氏はロンドンを拠点に活動しているイギリス人イラストレーター。ユーモアにあふれ、遊び心満載の作品を数多く制作、年齢問わず見る人の心をくすぐる独特の世界観を持っている。ビーチボーイズと紅茶の愛好家としても知られている。

 展示しているのは同大図書館。公開期間は2020年3月末までで、見学希望者は1階での受け付けが必要。開館スケジュールは同大ホームページ

 同大はマーカス氏のイラスト入りオリジナルクリアファイルをオープンキャンパス(6月16日、7月20、27、28日、8月18日、9月8日開催)の「学部・学科相談」の参加者全員に進呈する。また、それ以外の日も原画見学者先着100人にプレゼントする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです