メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・愛知大

アジア理解講座シンポジウム開催 霞山会と6月8日

アジア理解講座シンポジウム「日中関係の未来図」のチラシ

[PR]

アジア理解講座シンポジウム「日中関係の未来図」の会場地図

 愛知大は6月8日、アジア理解講座シンポジウム「日中関係の未来図」(共催:一般財団法人霞山会)を名古屋市中村区の同大名古屋キャンパスで開催する。

 元駐広州総領事(瀋陽総領事)で日本とアジア諸国の国際交流を図る霞山会評議員の松本盛雄氏が「日中関係―理想と現実」をテーマに特別講演を行う。その後、静岡県立大学名誉教授の嵯峨隆氏が「1910年代におけるアジア主義の諸相―日本・孫文・李大釗」▽国学院大講師の栗田尚弥氏が「米内山庸夫の中国論―汪兆銘政権反対に至る道」▽愛知大学名誉教授の藤田佳久氏が「荒尾精と日清貿易研究所」▽愛知大学現代中国学部教授で東亜同文書院大学記念センター長の三好章氏が「戦前中国調査における東亜同文書院」――をテーマにそれぞれ報告する。

 午後1時半から。事前申し込み要。入場無料。詳細は霞山会のホームページなど。申し込みは霞山会文化事業部へメール(koudoku@kazankai.org)またはファクス(03・5575・6306)。

愛知大

公式HP:http://www.aichi-u.ac.jp/
所在地:〒461-8641 名古屋市東区筒井2-10-31
電 話:052-937-6762

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです