メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・専修大

「実家でくらす、地元で働く」U・I・Jターンを考える合同説明会

広島県ブース

[PR]

41のブースが出展
群馬県ブース

 専修大学は地方での就職やインターンシップを希望する学生を支援する「U・I・Jターン合同説明会」を6月6日、生田キャンパスで開き、これまでで最多となる約270人の学生が参加した。キャリアデザインセンター事務課と就職課の共催。

 5回目となった今回は、過去最多の40道府県、1政令指定都市の担当者がブースを設け、「実家に戻って暮らしたい」「地元で働きたい」「首都圏以外で働きたい」といった学生の相談に応じた。交通費や滞在費を支援したり、都内で週末限定によるキャリアコンサルティングを実施したりする自治体のユニークな取り組みも紹介した。

 新潟県出身の男子学生(3年)は「地元へのUターン就職を希望している。今日は就職活動に関する話を聞くことができた。夏期休暇に帰省した際、地元でインターンシップとして受け入れてくれる所を探していきたい」と話した。また、千葉県出身の女子学生(3年)からは「希望業界の会社は東京に集中していると思い込んでいたが、千葉県のブースで話を聞いて、地元にも存在していることが分かった。就職活動の軸をこれから固めていきたい」という前向きな感想が聞かれた。

 参加自治体からは「このような機会は大変ありがたい。一人でも多くの学生に地方への就職、定住に興味を持ってもらいたい」という意見が寄せられた。

専修大

公式HP:http://www.senshu-u.ac.jp/
所在地:〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
電 話:03-3265-6677

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです